不動産売却 仲介 買取

仲介と買取の違いは?メリット・デメリット

一般的に家を売却するとなると仲介で不動産会社と契約を結び、購入者を探して売却するのが一般的です。しかし不動産売却においては仲介以外にも買取と言う選択肢もあります。買取と言うのは不動産会社に物件を直接買い取ってもらうことです。広告を打つ必要もなくお客様を探す必要もないので手間や時間をかけずに即売却することが可能です。ただし大きなデメリットとして売却価格の相場価格の7割前後になってしまうと言うことです。そんな不動産買取についてメリットデメリットを紹介しながら特徴を紹介します。

 

 

不動産買取のメリット・デメリットを紹介します。

不動産買取と仲介とでは買主が異なりますし売却方法が全く異なります。それに「売却価格」が違うため、それぞれのメリット・デメリットも異なってきます。ここでは仲介と比較した場合においての買取のメリットを紹介してきます。

 

買取のメリット

@仲介手数料がかからない
不動産会社に直接買い取ってもらえるので仲介が発生しません。当然仲介手数料も必要ありません。

 

 

A即売却・即現金化ができる
即売却即現金化することができるので売却後の計画が立てやすいのが大きな特徴です。購入者が不動産会社となるため売却スケジュールも希望通りに進めやすいです。買い替えで家を売却する方や、相続税の支払い納期が迫っている方など今すぐ売却したい方にとっては業者買取はすごく重宝する売却方法です。

 

 

B瑕疵担保責任を負わなくていい
通常、不動産の売主は売却後も一定の期間、建物の欠陥トラブルに対して修復する義務をいおいます。しかし購入者が不動産のプロである仲介会社の場合は瑕疵担保責任を負わなくて済みます。これは不動産知識のない人の取引の安全を確保するための措置ですので、不動産のプロである不動産会社に対してはこの措置は適用さ
業者買取の場合、買取後の面倒なトラブル発生のリスクを回避することが可能となります。

 

 

C内覧をする必要がない
不動産売却で売主にとって手間がかかるのが内覧です。時間を割いて購入者を迎えますので精神的にも気を使ってしまいます。しかし不動産買取ですと直接業者が買い取ってくれますので内覧をする必要がありません。そのため仲介と比較して時間や労力の負担が軽減できます。

 

 

D近隣や周囲の人に内緒で売却できる
通常の仲介で売却するとなると購入者を探さなくてはいけないので、ネットやチラシ、新聞の折り込みチラシの配布など広告活動をしなくてはなりません。その結果近隣住民の方に売却活動をしていることがバレてしまいます。一方で買取の場合ですと広告活動をする必要がないので誰にもバレず内緒で売却することができます。

 

 

買取のデメリット

@仲介で売却するより安い価格になってしまう
買取の場合仲介で売却するより安い価格になってしまいます。不動産会社からしてみれば買い取った物件をリフォームまたはリノベーション等をして売却活動により売らなくてはならないからその分相場より安く売却する事になってしまいます。買取の場合一般的に相場の6割から8割程度の価格で買い取りとなってしまいます。

 

 

A不動産によっては買取ができない物件もあります。
不動産も商売として買取をしますので、リフォームやリノベーションをしても売却できる見込みのない物件に関しては買取してもらえない場合もあります。具体的に言うと再建築が不可能な不動産や擁壁が老朽化している不動産などの物件は買取が厳しいと思います。設備故障、建物の老朽化、ゴミ屋敷など再生可能の場合は買い取ってもらえる確率は高いです。

 

まとめ

不動産買取と仲介の違いや買取のメリットデメリットを紹介してきました。結論から言うとどうしても早く売らないといけない方、安くなってもいいから手間や時間をかけたくない方は買取がお勧めです。これ以外で売却するなら仲介での売却が絶対お勧めです。不動産は高価な商品ですので2割も3割も変わってくれば数百万円もの差になってしまいます。多少手間がかかっても仲介で少しでも高く売却する方をお勧めします。

 

最近ですと買取保証付きの仲介業者も多いです。どのような仕組みかと言うとあらかじめ売却活動の期限を決めて仲介で売却活動をしますがその期限が超えたらあらかじめ決めていた金額で物件を買い取ってもらう制度です。仲介と買取の良いとこ取りをした制度です。なるべく早く高く売りたい方はこのような買取保証付で仲介契約するのもお勧めです。

 

仲介と買取の違いメリットデメリットグラフ