不動産売却の流れ

不動産売却の流れ

不動産売却は古本屋に中古本を売るのと違いとても手間や時間、労力、知識が必要になります。順調にいっても3ヶ月はかかる大きなイベントです。市場調査から査定依頼、契約、売却活動、引き渡しなどやることがたくさんあります。ここでは不動産売却の全体像を把握するためにも不動産売却の一連のの流れを紹介します。全体像を知ることにより不動産売却のイメージがわくと思います。

 

 

不動産売却の流れ

 

不動産売却は人生に一度か二度あるかないかの大きなイベントです。動く金額もウン千万円、ウン百万円ととても大きいです。失敗しないためにも、まずは全体像をしっかりと把握しておくことが重要となります。不動産売却の流れは以下の通りになります。

 

  1. 売却予定の不動産の調査
  2. 査定依頼
  3. 媒介契約の締結
  4. 売却活動
  5. 売却活動の経過報告と購入申込み
  6. 不動産売買契約の締結
  7. 不動産引渡しの準備・抵当権等抹消手続き
  8. 引渡し前の現地立会い
  9. 残代金の受領と物件の引渡し
  10. 確定申告

 

 

@売却予定の不動産の調査

売却予定の不動産の調査
売却予定物件の広さ、隣地境界線の有無、築年数等の不動産の基本情報を調べる
物件情報

住所、間取り、おおまかな専有部分の平米数、マンションならば、共有部分の平米数、階数、築年数

矢印

A査定依頼

査定依頼
信頼できる不動産会社がいる場合はその会社に頼みましょう。いない場合は、まずは簡易査定でいいので複数社に査定を依頼しその中から気になる不動産会社2社、3社をピックアップしてから訪問査定を受けるのがオススメです。便利なのが不動産一括査定です。
矢印

B媒介契約の締結


売主と不動産会社との間で締結される売却活動依頼の契約です。媒介契約には、一般媒介契約、専任媒介契約、専属専任媒介契約の3種類があります。種類によって活動内容が多少異なります。
矢印

C売却活動

売却活動
レインズ、ネット広告、チラシやオープンハウスなどを利用し、様々な広告活動を積極的に展開して売主を探します。売主も内覧に備えて部屋を綺麗にしておきましょう。
矢印

D売却活動の経過報告と購入申込み

売却活動の経過報告と購入申込み
専任媒介契約や専属専任媒介契約の場合、売却予定の不動産の販売促進活動の経過を報告いたします。どの位のお問い合せがあったのか、その反応は…など、きめ細かい報告を受けます。
購入希望者が物件を気にいってくれたら購入申込み書(買付証明書)を書いてもらいます。購入希望条件、引き渡し日、買主の住宅ローン利用の有無等を記載してもらいます。
矢印

E不動産売買契約の締結

不動産売買契約の締結
購入希望の方と売却条件を調整し、合意のもとで売買契約を結びます。売買契約が締結されると、契約書に記載された条文に基づいて売主様、買主双方の権利や義務を履行することになります。
矢印

F不動産引渡しの準備・抵当権等抹消手続き

不動産引渡しの準備
抵当権等のローン残債がある場合、借りての金融機関と協議の上、事前に抹消に必要な手続きを行います。また引き渡し日を考慮して引越しの準備を始めましょう。
矢印

G引渡し前の現地立会い

引渡し前の現地立会い
引渡し後のトラブルを未然に防ぐため、売主様・買主様双方で、不動産が引渡し可能な状態であるかを確認します。通常 、ローン本審査の承認されてから引渡し前1週間くらいの間にやります。
矢印

H残代金の受領と物件の引渡し

残代金の受領と物件の引渡し
代金の受領と物件の引渡しを行います。
買主より売買代金を受け取り、登記を申請すれば、不動産の引渡しはななります。引渡しまでに引越しを済ましておいて下さい。
矢印

I確定申告

確定申告
居住用不動産の特別控除や事業用資金の買換えの特例、譲渡所得(利益がある場合)など、不動産ゆ売却した年の翌年2月16日〜3月15日の間で税務署に申告する必要があります。

 

 

よくある質問Q&A

 

急いで売りたいときはどうすれば良い?

どうしても急いで売却したい方は不動産買取と言う手段もあります。不動産買取ですと直接不動産会社が買い取ってくれますのですぐに売却し現金化することができます。しかし売却価格が相場の7割前後になってしまいますので注意が必要です。なお買取希望の方でしたら必ず複数社、に査定依頼しましょう。多ければ多いほど良いです。

 

不動産一括査定で利用したほうがいいの?

不動産一括査定は今本当に多くの方が利用している便利なサービスです。手間や時間をかけずに複数社に査定を依頼できますので忙しい方が最適です。売却の強い不動産会社が見つかりますし、悪徳業者対策もしっかりしているので初めて不動産売却する方はおすすめです。

 

大手不動産会社と地元密着型不動産会社ならどっちがいい?

大手不動産会社と地元密着型不動産もそれぞれメリットとデメリットがあります。一概にどちらが良いとは言えないです。以下にメリットとデメリットを参考にして下さい。
大手不動産会社
地元密着型不動産会社

 

 

 

不動産売却の流れのまとめ


動産売却の流れについて細かく紹介してきました。不動産売却はとにかくいろいろな段階を得ておこないますので全体像を把握することが重要になります。やることだけ見たらたくさんありますけど本当に手を抜かず行うべきポイントは不動産会社選びです。不動産売却は不動産のプロのサポートがとても大切になってきます。売却の強い不動産会社と担当者の良し悪しが不動産売却を成功するか失敗するかが決まってしまうと言っても過言ではありません。不動産会社選びは妥協せず必ず複数社に査定を依頼ししっかりと比較しましょう。

\お勧めの不動産一括査定はこちら/

HOME4U

▼公式サイトはこちらをクリック▼